Viceroy’s House

ンドン在住のグリンダル・チャッダー監督と言えば、カナダのトロント在住ディーパー・メヘター監督、米国ニューヨーク在住のミーラー・ナーイル監督と並んで、海外在住インド人女性監督三傑の一人に数えられる。それぞれ異なる作風を持っているのだが、個人的にもっとも評価していないのが残念ながらチャッダー監督だ。なぜそう思うかと言えば、メヘター作品とナーイル作品からはインド愛を感じる一方で、チャッダー作品はどちらかというとインドというルーツの克服をテーマにすることが多いからだ。彼女の出世作「Bend It Like Beckham」(2002年/邦題:「ベッカムに恋して」)がその典型である。インド好きとしては、なかなか素直に評価できないのが正直なところだ。

 2017年8月18日にインドで公開された、チャッダー監督の最新作「Viceroy’s House」が、日本で「英国総督 最後の家」の邦題で、2018年8月11日より一般公開される。マスコミ向け試写会で一足先に鑑賞することができたので、ここにその感想と解説を書く。ネタバレがあるので注意。

Viceroy's House

続きを読む