Gully Boy

ムンバイーにあるアジア最大のスラム街ダーラーヴィー。「スラムドッグ$ミリオネア」(2008年)で一躍有名になり、メディアに登場する機会も増えた。ただ、スラム街と言っても、日本人が一般に想像するような不衛生で危険な貧困街ではなく、意外にキチンとした住宅街で、意外に普通の人々が住んでいる。住居費の高い大都会ムンバイーにおいて、中下流層の住宅需要を満たす重要な役割を果たしている。「スラムドッグ$ミリオネア」以降、ダーラーヴィーを巡るツアーが外国人観光客に人気となっていると聞くが、逆に言えば、観光客が容易に入っていけるぐらいの治安と秩序があるということだ。本当のスラム街は別にある。

 ダーラーヴィー出身ではないが、ダーラーヴィーから遠くないクルラー出身のラッパー、Naezyの半生を描いたヒンディー語映画「Gully Boy」(2019年)が日本で10月18日から「ガリー・ボーイ」の邦題と共に一般公開される。監督は「Zindagi Na Milegi Dobara」(2011年)などのゾーヤー・アクタル。女性監督なのに男臭い映画を作る傾向にあるのはファラー・カーンなんかと似ている。主演は現在絶好調のランヴィール・スィン。ヒロインは、これまた飛ぶ鳥を落とす勢いのアーリヤー・バット。他に、ヴィジャイ・ラーズ、カルキ・ケクラン、ヴィジャイ・ヴァルマー、スィッダーント・チャトゥルヴェーディーなどが出演している。また、ラップをテーマにした映画なだけあって、多くのラッパーが楽曲を提供している他、米国人ラッパーのNasがエグゼクティブ・プロデューサーとして参加している。マスコミ向け試写で鑑賞した。

続きを読む