2.0

2010年9月10日、ヒンディー語映画界はサルマーン・カーン主演アクション映画「Dabangg」の公開に沸いていた。それまでヒンディー語映画界では長らくアクション映画不毛の時代が続いていたが、徐々にアクション映画の復権が進んで行き、この「Dabangg」によって完全に時代の潮目が変わったのだった。ところが翌月、南インドからとんでもない映画が登場した。「Enthiran」である。当時インド映画史上最大の予算となる13億ルピーをつぎ込み、常人離れした想像力をCGの嵐によって強引に映像化した巨大スケールのこのロボット映画は、「Robot」の題名でヒンディー語吹替版も公開され、北インドの観客を仰天させた。主演はタミル語映画界のスーパースター、ラジニカーント。「ムトゥ 踊るマハラジャ」(1995年)で日本でもお馴染みである。この作品は2012年に日本でも「ロボット」の邦題と共に一般公開され、大きな話題となった。

 その続編「2.0」がインド本国で2018年11月29日に公開された。今回つぎ込まれた予算は54億ルピー。再びインド映画史上最高額である。そして、稼ぎ出した興行収入は国内のみではトントンとなるが、国外を含めると65億ルピー以上とされている。インドでは10億ルピーの興行収入がヒットの基準である。これらの数字がいかにクレイジーなものか分かるだろう。もちろん、2018年のインド国内興行収入ナンバー1である。これらの成功を受け、日本でも「ロボット2.0」の邦題と共に10月25日から一般公開されることが決定し、今回、マスコミ向け試写会で一足先に鑑賞することができた。ちなみに、日本で公開されるのはタミル語版である。

続きを読む