Axone

インド北東部には「セブン・シスターズ」と呼ばれる7つの州がある。アッサム州、アルナーチャル・プラデーシュ州、ナガランド州、マニプル州、ミゾラム州、トリプラー州、メーガーラヤ州である。これらの州に住む「ノースイースタン」と呼ばれる人々のほとんどは人種的にモンゴロイドであり、彼らの文化は、南アジアよりもむしろ東南アジアに近い。首都デリーには勉強や仕事のために多くのノースイースタンが住んでいるが、生活様式があまりに異なるため、地元の人々との軋轢も多い。

 2019年にロンドン映画祭でプレミア公開され、2020年6月12日からNetflixで配信されているヒンディー語映画「Axone」は、デリーに住むノースイースタンの若者たちの奮闘記である。監督はメーガーラヤ州出身のニコラス・カルコンゴル。主演は「Margarita with a Straw」(2015年)のサヤーニー・グプター。劇中ではネパール人女性を演じていたが、彼女はインド人のはずである。他に、「Mary Kom」(2014年)に出演していたマニプル人女優リン・ライシュラム、「Vicky Donor」(2012年)のドリー・アフルワーリヤー、「Bheja Fry」(2007年)のヴィナイ・パータク、「English Vinglish」(2012年)のアーディル・フサインなどが出演している。

続きを読む

Raat Akeli Hai

インドでは「ジョイント・ファミリー」という形態の大家族制が残っている。兄弟が結婚後も両親と共に一ヶ所に住み、その子供たちが従兄弟というより実の兄弟のように暮らす。さらに、使用人を雇う文化もあるため、ひとつの家に住む人間の数はさらに多くなる。さすがに都市部では核家族化・少子化が進み、数世代の親族が共に暮らすことは減ったが、ジョイント・ファミリー的な結びつきは健在で、結婚式などの行事にはそれらの親族が一堂に会す。

 映画は社会や文化の鏡であり、インドの映画やTVドラマでも頻繁に大家族が登場する。実際に地域によってはまだ大家族制が残っていることもあるし、それが解体しつつあるとしても名残はあるし、もし既に核家族化が完了しているとしても古き良き大家族制を懐かしむ気持ちがある。そのような理由から、インドでは大家族の物語が好んで描かれ、そして鑑賞されるのだと予想できる。

 この大家族制は特に犯罪映画で本領を発揮する。複雑に人間関係が絡み合う家族内での殺人事件は、インドではどの国よりも現実感を持って捉えられる。2020年7月31日からNetflixで配信されているヒンディー語映画「Raat Akeli Hai」も、大家族の中で起きた殺人事件を扱った犯罪映画である。

続きを読む

Choked: Paisa Bolta Hai

現在、インドではインド人民党(BJP)のナレーンドラ・モーディー首相による長期政権が続いている。2014年に就任したモーディー首相はこれまでいくつかの思い切った政策を実行に移してきたが、その中でも全国民にもっとも衝撃を与えたのは2016年11月8日に突然発表した高額紙幣廃止である。当時のインドでは、1000ルピー、500ルピー、100ルピー、50ルピー、20ルピー、10ルピー、5ルピー、2ルピー、1ルピーの紙幣が流通していたが、この内、もっとも高額である1000ルピーと500ルピーの使用を禁止したのである。国民に与えられた猶予時間はたったの4時間であった。当然、インド経済は大混乱に陥った。

 2020年6月5日からNetflixで配信されているヒンディー語映画「Choked: Paisa Bolta Hai」は、モーディー首相による高額紙幣廃止の前後を背景としている。監督はヒンディー語映画界の異端児アヌラーグ・カシヤプ。キャストは、「Mirzya」(2016年)のサイヤーミ・ケールやマラヤーラム語映画俳優のローシャン・マシューなど。ヒンディー語映画界の著名な俳優はおらず、代わりに南インド映画界やマラーティー語映画界の人材を多用しており、ヒンディー語映画としては異色のキャスティングである。

続きを読む

Ghost Stories

インド娯楽映画はよく「マサーラー映画」と呼ばれる。これは、その特徴をインド料理で使われるミックススパイス「ガラムマサーラー」になぞらえている。すなわち、笑いあり、涙あり、アクションあり、ロマンスあり、あらゆる娯楽要素が詰め込まれた映画のことである。敢えて言うならば、アクション映画、ロマンス映画、コメディー映画くらいの分類があったくらいだ。しかしながら、21世紀に入ってヒンディー語映画では、ハリウッド映画を模したジャンル別の映画作りが盛んとなった。そして、SF映画、スーパーヒーロー映画、アドベンチャー映画など、今までインド映画ではあまり作られて来なかったようなジャンルのインド映画化が進んだ。その中でも、もっともジャンルとして明確に確立したのがホラー映画であった。

 ただ、ホラー映画というジャンルを日本ほど職人技的に磨き上げた国はないだろう。それに比べるとインドのホラー映画は映像と効果音で観客を驚かす程度の幼稚なレベルに留まっており、「リング」(1998年)などの足下にも及ばない。それでも、インドの映画館でホラー映画を鑑賞すると、インド人観客はホラー映画をコメディー映画のように多人数でキャッキャと盛り上がりながら楽しんでいる様子が分かり、こういう観客がいるからこういうホラー映画になるのだ、と納得してしまう。

 2020年1月1日からNetflixで配信されているヒンディー語映画「Ghost Stories」は、「Bombay Talkies」(2013年)と「Lust Stories」(2018年)の続編に位置づけられるオムニバス形式の映画で、ゾーヤー・アクタル、アヌラーグ・カシヤプ、ディバーカル・バナルジー、カラン・ジョーハルという、ヒンディー語映画界を代表する4人の映画監督の短編によって構成されている。

続きを読む

Lust Stories

ヒンディー語映画界には大別して大衆向け映画とインテリ層向け映画という2つの潮流があり、これらの境界が曖昧になって来たのが21世紀のヒンディー語映画の大きな流れだった。「Kuch Kuch Hota Hai」(1998年)や「Student of the Year」(2012年)のカラン・ジョーハルは大衆向け映画を象徴する監督の一人だったが、「Bombay Talkies」(2013年)というオムニバス形式の映画では、ディバーカル・バナルジー、アヌラーグ・カシヤプ、ゾーヤー・アクタルという3人の映画監督と共に、4本の短編映画からなる1本の作品を作り、世間を驚かせた。なぜならこの3人は、どちらかというとインテリ層向け映画のカテゴリーに入る監督であり、そこに「ボリウッド」の代表であるカランが入るのは場違いに思えたからだ。だが、カランはその前にアスペルガー症候群の男性を主人公にした「My Name Is Khan」(2010年)を撮っており、既に自分の作風を広げる挑戦をしていた。「Bombay Talkies」で彼が担当した「Ajeeb Dastaan Hai Yeh」は同性愛を主題としたオフビートな作品であり、インド映画100周年記念の企画映画だった「Bombay Talkies」は、ヒンディー語映画界の成熟と団結を思わせる正に記念碑的な作品となった。

 「Bombay Talkies」から5年後の2018年、再び上記4人の監督が集まり、同様にオムニバス形式の映画を作ったのが「Lust Stories」である。「インド映画」がテーマだった「Bombay Talkies」とは打って変わって、2018年6月15日に公開されたこの映画は、セックスや性愛がテーマの大人向け映画となった。Netflixで配信されているものを鑑賞した。

続きを読む

Ludo

多人数の登場人物が複雑に絡み合いながら、ブラックコメディー風味で進んで行く犯罪映画は、ヒンディー語映画の得意技と言え、過去にそのような作品がいくつも作られている。その先駆けとなったと思われる作品がパンカジ・アードヴァーニー監督の「Urf Professor」(2001年)である。この映画は検閲局から上映許可が下りなかった曰く付きの映画であるが、当時、映画愛好家の間にセンセーションを巻き起こし、後世に大きな影響を与えた。残念ながらパンカジ・アードヴァーニー監督は「Sankat City」(2009年)を送り出した後に早世してしまうが、2010年代以降、ヒンディー語のスリラー映画は百花繚乱となり、「Shor in the City」(2011年)、「Delhi Belly」(2011年)、「Kahaani」(2012年)などが連なり、最近の「Andhadhun」(2018年)にまでつながっている。

 2020年11月12日からNetflixで配信開始のヒンディー語映画「Ludo」も、多人数ブラックコメディー型犯罪映画である。監督は「Murder」(2004年)や「Barfi!」(2012年)のアヌラーグ・バス。複雑な話を分かりやすくまとめるのがうまい監督だ。

続きを読む

Ginny Weds Sunny

21世紀に入り、ヒンディー語映画は劇的な変化を遂げてきたが、その中でも大きな変化のひとつが、女性のエンパワーメントであった。それ以前にはヒーローの添え物に過ぎなかったヒロインは映画の中心的な存在となり、女性中心の映画が集客を見込めるようになり、そして女性監督が急増した。それに伴って、相対的に男性が弱く描写されるようになった。強気なヒロインに振り回されるヒーローは日常茶飯事となった上に、父親役からも威厳が徐々に消え去り、代わりに「優しいパパ」が定番となった。

 2020年10月9日からNetflixで配信されているヒンディー語映画「Ginny Weds Sunny」も、女性にほぼ全てのパワーが集中している作品である。同様のタイトルの映画に「Tanu Weds Manu」(2011年)があったが、それとは直接関係ない。しかしながら、ヒロインに振り回されるヒーローという点では、どちらも似たプロットの映画だと言える。

続きを読む

Serious Men

人口13億人の国インドにおいて、社会的地位の向上や維持のための鍵は教育にしかなく、インド人の教育熱は社会的な階層を問わず、日本とは比べ物にならないほど過熱している。その過熱ぶりから多くの問題も発生しており、映画の題材ともなってきた。教育問題を真っ向から扱った作品としては、「3 Idiots」(2009年)、「Hindi Medium」(2017年)、「Super 30」(2019年)、「Angrezi Medium」(2020年)などが挙げられる。

 2020年10月2日からNetflixで配信されている「Serious Men」は、インドの教育問題をテーマにした映画というよりは、インド社会をより広い視点から俯瞰した風刺コメディーである。だが、この映画の主軸となっている父子の関係性は、現代インド社会の過熱した教育熱を想起させるものがあり、上記の作品群と混ぜて捉えてもいいのではないかと感じる。

続きを読む

Dolly Kitty Aur Woh Chamakte Sitare

21世紀のヒンディー語映画界は様々な面において劇的な変化を遂げたが、その内のひとつに女性像の変化がある。ヒンディー語映画においてかつてヒーローの単なる添え物に過ぎなかったヒロインは、徐々に個性を発揮し始め、遂には主役の座にまで躍り出るようになった。「Jab We Met」(2007年)のギートや、「Kahaani」(2012年)のヴィディヤー、「Queen」(2014年)のラーニーなど、いくつもの女性ヒロインたちを経て、その潮流は着実に進行して来た。

 そして2020年になった今、さらに大きな変化を感じさせる映画に出会うことができた。2020年9月18日からNetflixで配信されているヒンディー語映画「Dolly Kitty Aur Woh Chamakte Sitare」である。この映画は、現代インド人のセクシャリティー、特に女性のセクシャリティーを女性の視点から赤裸々に綴った作品で、初公開は2019年の釜山国際映画祭であるが、劇場公開はされていない。新型コロナウイルス感染拡大を原因とする映画館閉鎖により、映画館を飛ばしてのNetflix配信となった作品の一本だと思われる。

続きを読む

Bulbbul

コルカタ(旧名カルカッタ)のあるベンガル地方は、ノーベル文学賞受賞者ラビーンドラナート・タゴールを生んだ地域である。この地で作られるベンガル語映画はそんな風土を反映してか、文学的な雰囲気のものが多い。もっとも有名なのは、アジアにおいて黒澤明監督と並び称されたサティヤジート・ラーイ(サタジット・レイ)監督の作品群であるが、現代でもそれは当てはまる。それだけでなく、ヒンディー語映画であっても、ベンガル地方を舞台にした映画は、どことなくベンガル語映画の風味を持つことが多いのは興味深い。

 2020年6月24日からNetflixで公開されている「Bulbbul」も、ヒンディー語映画でありながら、ベンガル地方が舞台であり、ベンガル語映画的雰囲気の映画である。

続きを読む