Manikarnika: The Queen of Jhansi

2005年に「Mangal Pandey: The Rising」というヒンディー語映画が作られた。第一次インド独立戦争1 の火付け役になったとされているスィパーヒー(兵士)、マンガル・パーンデーイを主人公にした映画で、ケータン・メヘター監督、アーミル・カーン主演であった。確かこのとき、この映画は三部作の第一作で、この後、ラクシュミー・バーイーとバハードゥル・シャー・ザファルを主人公にした第一次インド独立戦争関連の映画が2作、計画されていると聞いていた。だが、どこかで頓挫してしまったようで、その後音沙汰はなかった。

 2019年1月25日、インドの共和国記念日の週に封切られたヒンディー語映画「Manikarnika: The Queen of Jhansi」は、第一次インド独立戦争に参加したジャーンスィーの女王ラクシュミー・バーイーを主人公にしており、カンガナー・ラーナーウトが監督・主演をしている。劇中にマンガル・パーンデーイやバハードゥル・シャー・ザファルの言及があるものの、ケータン・メヘター監督の「Mangal Pandey」とは特に関係はないようである。2 この映画は「マニカルニカ ジャーンシーの女王」の邦題と共に日本でも2020年1月3日に公開された。ミッドタウンスクエアシネマで鑑賞した。

続きを読む
  1. かつて「セポイの反乱」と呼ばれていた1857年の騒乱。 []
  2. ただし、ケータン・メヘター監督が脚本を盗用したとして「Manikarnika」の制作陣を訴えている []