Saaho

インド映画の御三家と言えば、ヒンディー語映画、タミル語映画、テルグ語映画であり、これらの映画はそれぞれ日本でもヒット作を飛ばし、存在感を示してきた。特に「バーフバリ」シリーズで勢いに乗ったテルグ語映画が攻勢に出ており、「バーフバリ」シリーズで主演を演じたプラバースの最新作「Saaho」(2019年)が日本でも2020年3月27日に劇場一般公開となった。インド本国とのこのタイムラグのなさは特筆すべきである。おかしな邦題が付けられることの多いインド映画だが、「Saaho」の邦題は「サーホー」と、シンプルで好ましい。地元のユナイテッドシネマ豊橋18で鑑賞した。

続きを読む