Rangoon

21世紀に入り、ヒンディー語映画は劇的な変化を遂げてきたが、特に2010年代に入って顕著に観られるようになった変化のひとつが、女性を主人公とした映画の増加である。女性を主人公とした映画が増えただけならそこまで注目に値しないが、そのような映画がコンスタントに興行的成功を収めるようになったことがより重要だ。「Kahaani」(2012年)、「Queen」(2014年)、「Neerja」(2016年)など、様々な名作を例として挙げることができる。

 インド映画界において、最初期の女性スターの一人として知られているのがフィアレス・ナディアと呼ばれる英国人スタント女優である。スコットランド人軍人の父とギリシア人ベリーダンサーの母の間にオーストラリアで生まれ、幼少時に渡印し、ボンベイからペシャーワル、ペシャーワルからボンベイへと移住して、サーカス団を経て女優となった。英領インド時代には、インド人女性が映画で演技をすることがまだ一般的ではなく、外国人女性が起用されることが少なくなかった。ナディアはスタント映画で一躍有名となり、1930年代から40年代にかけて多くのヒット作を飛ばした。代表作は「Hunterwali」(1935年)である。そのフィアレス・ナディアを緩やかにモデルにしたヒンディー語映画「Rangoon」が2017年2月24日に公開された。Netflixで鑑賞した。

続きを読む