War

21世紀のヒンディー語映画のひとつの特徴は、ハリウッド映画を模した、ジャンル別映画作りへの挑戦であった。SF映画、スーパーヒーロー映画、ホラー映画など、従来ハリウッド映画が得意としてきたジャンルの映画をインド風にアレンジする試みが続けられ、あらゆるジャンルをひとつの映画に詰め込むマサーラー映画を脱却し、バラエティー豊かな作品が作られるようになった。

 スパイ映画も、21世紀のヒンディー語映画が新たに挑戦し、確立に成功したジャンルのひとつである。スパイ映画というと、英米の「007」シリーズや「ミッション・インポッシブル」シリーズが有名だが、インドにもRAWという対外諜報機関があり、十分にスパイ映画が作られる素地があった。2000年代には「The Hero: Love Story of a Spy」(2003年)くらいしかRAWの登場するスパイ映画は思い付かないが、2010年代になると急増し、「Ek Tha Tiger」(2012年)、「Bang Bang!」(2014年)、「Baby」(2015年)、「Tiger Zinda Hai」(2017年)、「Raazi」(2018年)など、ほぼ毎年のようにRAW映画が作られるようになった。

 2019年10月2日公開のヒンディー語映画「War」も、RAWのエージェントを主人公にしたスパイ映画である。題名の「War」はもちろん「戦争」という意味の英語であるが、これは「RAW」の逆さ読みでもある。日本では2020年7月17日より「WAR ウォー!」の邦題と共に劇場一般公開された。地元のユナイテッド・シネマ豊橋18で鑑賞した。

続きを読む