Dolly Kitty Aur Woh Chamakte Sitare

21世紀のヒンディー語映画界は様々な面において劇的な変化を遂げたが、その内のひとつに女性像の変化がある。ヒンディー語映画においてかつてヒーローの単なる添え物に過ぎなかったヒロインは、徐々に個性を発揮し始め、遂には主役の座にまで躍り出るようになった。「Jab We Met」(2007年)のギートや、「Kahaani」(2012年)のヴィディヤー、「Queen」(2014年)のラーニーなど、いくつもの女性ヒロインたちを経て、その潮流は着実に進行して来た。

 そして2020年になった今、さらに大きな変化を感じさせる映画に出会うことができた。2020年9月18日からNetflixで配信されているヒンディー語映画「Dolly Kitty Aur Woh Chamakte Sitare」である。この映画は、現代インド人のセクシャリティー、特に女性のセクシャリティーを女性の視点から赤裸々に綴った作品で、初公開は2019年の釜山国際映画祭であるが、劇場公開はされていない。新型コロナウイルス感染拡大を原因とする映画館閉鎖により、映画館を飛ばしてのNetflix配信となった作品の一本だと思われる。

続きを読む

Bulbbul

コルカタ(旧名カルカッタ)のあるベンガル地方は、ノーベル文学賞受賞者ラビーンドラナート・タゴールを生んだ地域である。この地で作られるベンガル語映画はそんな風土を反映してか、文学的な雰囲気のものが多い。もっとも有名なのは、アジアにおいて黒澤明監督と並び称されたサティヤジート・ラーイ(サタジット・レイ)監督の作品群であるが、現代でもそれは当てはまる。それだけでなく、ヒンディー語映画であっても、ベンガル地方を舞台にした映画は、どことなくベンガル語映画の風味を持つことが多いのは興味深い。

 2020年6月24日からNetflixで公開されている「Bulbbul」も、ヒンディー語映画でありながら、ベンガル地方が舞台であり、ベンガル語映画的雰囲気の映画である。

続きを読む

Gunjan Saxena

インドとパーキスターンは、分離独立から今までに、公式に3回戦争をしているが、それ以外にも小規模な衝突は繰り返されて来た。その中でも、1999年に勃発したカールギル紛争は、ほぼ「戦争」と呼んでもいい出来事であった。そして、それが「戦争」であるならば、史上初の核保有国同士の衝突となる。カールギル紛争はインド側の勝利で終わったとされているため、愛国心を高揚するインド映画の題材にもなって来た。ヒンディー語映画では、「LOC: Kargil」(2003年)や「Lakshya」(2004年)が代表例だ。

 ところで、2020年、インドでも新型コロナウイルスの感染が拡大し、非常事態宣言発令や都市封鎖などの対策を余儀なくされている。映画業界も大いにCOVID-19の影響を受けており、現地からは、映画館の休業、新作映画の公開延期、人気俳優の感染などが報告されている。そんな中、映画館での公開をスキップして、ネット配信される映画も出て来た。カールギル紛争を題材にしたヒンディー語映画「Gunjan Saxena」もそんな一本である。2020年8月12日、インド独立記念日の週に、Netflixで世界同時配信された。

続きを読む