Dolly Kitty Aur Woh Chamakte Sitare

21世紀のヒンディー語映画界は様々な面において劇的な変化を遂げたが、その内のひとつに女性像の変化がある。ヒンディー語映画においてかつてヒーローの単なる添え物に過ぎなかったヒロインは、徐々に個性を発揮し始め、遂には主役の座にまで躍り出るようになった。「Jab We Met」(2007年)のギートや、「Kahaani」(2012年)のヴィディヤー、「Queen」(2014年)のラーニーなど、いくつもの女性ヒロインたちを経て、その潮流は着実に進行して来た。

 そして2020年になった今、さらに大きな変化を感じさせる映画に出会うことができた。2020年9月18日からNetflixで配信されているヒンディー語映画「Dolly Kitty Aur Woh Chamakte Sitare」である。この映画は、現代インド人のセクシャリティー、特に女性のセクシャリティーを女性の視点から赤裸々に綴った作品で、初公開は2019年の釜山国際映画祭であるが、劇場公開はされていない。新型コロナウイルス感染拡大を原因とする映画館閉鎖により、映画館を飛ばしてのNetflix配信となった作品の一本だと思われる。

続きを読む