Ginny Weds Sunny

21世紀に入り、ヒンディー語映画は劇的な変化を遂げてきたが、その中でも大きな変化のひとつが、女性のエンパワーメントであった。それ以前にはヒーローの添え物に過ぎなかったヒロインは映画の中心的な存在となり、女性中心の映画が集客を見込めるようになり、そして女性監督が急増した。それに伴って、相対的に男性が弱く描写されるようになった。強気なヒロインに振り回されるヒーローは日常茶飯事となった上に、父親役からも威厳が徐々に消え去り、代わりに「優しいパパ」が定番となった。

 2020年10月9日からNetflixで配信されているヒンディー語映画「Ginny Weds Sunny」も、女性にほぼ全てのパワーが集中している作品である。同様のタイトルの映画に「Tanu Weds Manu」(2011年)があったが、それとは直接関係ない。しかしながら、ヒロインに振り回されるヒーローという点では、どちらも似たプロットの映画だと言える。

続きを読む