Ludo

多人数の登場人物が複雑に絡み合いながら、ブラックコメディー風味で進んで行く犯罪映画は、ヒンディー語映画の得意技と言え、過去にそのような作品がいくつも作られている。その先駆けとなったと思われる作品がパンカジ・アードヴァーニー監督の「Urf Professor」(2001年)である。この映画は検閲局から上映許可が下りなかった曰く付きの映画であるが、当時、映画愛好家の間にセンセーションを巻き起こし、後世に大きな影響を与えた。残念ながらパンカジ・アードヴァーニー監督は「Sankat City」(2009年)を送り出した後に早世してしまうが、2010年代以降、ヒンディー語のスリラー映画は百花繚乱となり、「Shor in the City」(2011年)、「Delhi Belly」(2011年)、「Kahaani」(2012年)などが連なり、最近の「Andhadhun」(2018年)にまでつながっている。

 2020年11月12日からNetflixで配信開始のヒンディー語映画「Ludo」も、多人数ブラックコメディー型犯罪映画である。監督は「Murder」(2004年)や「Barfi!」(2012年)のアヌラーグ・バス。複雑な話を分かりやすくまとめるのがうまい監督だ。

続きを読む