Lust Stories

ヒンディー語映画界には大別して大衆向け映画とインテリ層向け映画という2つの潮流があり、これらの境界が曖昧になって来たのが21世紀のヒンディー語映画の大きな流れだった。「Kuch Kuch Hota Hai」(1998年)や「Student of the Year」(2012年)のカラン・ジョーハルは大衆向け映画を象徴する監督の一人だったが、「Bombay Talkies」(2013年)というオムニバス形式の映画では、ディバーカル・バナルジー、アヌラーグ・カシヤプ、ゾーヤー・アクタルという3人の映画監督と共に、4本の短編映画からなる1本の作品を作り、世間を驚かせた。なぜならこの3人は、どちらかというとインテリ層向け映画のカテゴリーに入る監督であり、そこに「ボリウッド」の代表であるカランが入るのは場違いに思えたからだ。だが、カランはその前にアスペルガー症候群の男性を主人公にした「My Name Is Khan」(2010年)を撮っており、既に自分の作風を広げる挑戦をしていた。「Bombay Talkies」で彼が担当した「Ajeeb Dastaan Hai Yeh」は同性愛を主題としたオフビートな作品であり、インド映画100周年記念の企画映画だった「Bombay Talkies」は、ヒンディー語映画界の成熟と団結を思わせる正に記念碑的な作品となった。

 「Bombay Talkies」から5年後の2018年、再び上記4人の監督が集まり、同様にオムニバス形式の映画を作ったのが「Lust Stories」である。「インド映画」がテーマだった「Bombay Talkies」とは打って変わって、2018年6月15日に公開されたこの映画は、セックスや性愛がテーマの大人向け映画となった。Netflixで配信されているものを鑑賞した。

続きを読む