Ghost Stories

インド娯楽映画はよく「マサーラー映画」と呼ばれる。これは、その特徴をインド料理で使われるミックススパイス「ガラムマサーラー」になぞらえている。すなわち、笑いあり、涙あり、アクションあり、ロマンスあり、あらゆる娯楽要素が詰め込まれた映画のことである。敢えて言うならば、アクション映画、ロマンス映画、コメディー映画くらいの分類があったくらいだ。しかしながら、21世紀に入ってヒンディー語映画では、ハリウッド映画を模したジャンル別の映画作りが盛んとなった。そして、SF映画、スーパーヒーロー映画、アドベンチャー映画など、今までインド映画ではあまり作られて来なかったようなジャンルのインド映画化が進んだ。その中でも、もっともジャンルとして明確に確立したのがホラー映画であった。

 ただ、ホラー映画というジャンルを日本ほど職人技的に磨き上げた国はないだろう。それに比べるとインドのホラー映画は映像と効果音で観客を驚かす程度の幼稚なレベルに留まっており、「リング」(1998年)などの足下にも及ばない。それでも、インドの映画館でホラー映画を鑑賞すると、インド人観客はホラー映画をコメディー映画のように多人数でキャッキャと盛り上がりながら楽しんでいる様子が分かり、こういう観客がいるからこういうホラー映画になるのだ、と納得してしまう。

 2020年1月1日からNetflixで配信されているヒンディー語映画「Ghost Stories」は、「Bombay Talkies」(2013年)と「Lust Stories」(2018年)の続編に位置づけられるオムニバス形式の映画で、ゾーヤー・アクタル、アヌラーグ・カシヤプ、ディバーカル・バナルジー、カラン・ジョーハルという、ヒンディー語映画界を代表する4人の映画監督の短編によって構成されている。

続きを読む