Choked: Paisa Bolta Hai

現在、インドではインド人民党(BJP)のナレーンドラ・モーディー首相による長期政権が続いている。2014年に就任したモーディー首相はこれまでいくつかの思い切った政策を実行に移してきたが、その中でも全国民にもっとも衝撃を与えたのは2016年11月8日に突然発表した高額紙幣廃止である。当時のインドでは、1000ルピー、500ルピー、100ルピー、50ルピー、20ルピー、10ルピー、5ルピー、2ルピー、1ルピーの紙幣が流通していたが、この内、もっとも高額である1000ルピーと500ルピーの使用を禁止したのである。国民に与えられた猶予時間はたったの4時間であった。当然、インド経済は大混乱に陥った。

 2020年6月5日からNetflixで配信されているヒンディー語映画「Choked: Paisa Bolta Hai」は、モーディー首相による高額紙幣廃止の前後を背景としている。監督はヒンディー語映画界の異端児アヌラーグ・カシヤプ。キャストは、「Mirzya」(2016年)のサイヤーミ・ケールやマラヤーラム語映画俳優のローシャン・マシューなど。ヒンディー語映画界の著名な俳優はおらず、代わりに南インド映画界やマラーティー語映画界の人材を多用しており、ヒンディー語映画としては異色のキャスティングである。

続きを読む