Shubh Mangal Saavdhan

男優アーユシュマーン・クラーナーの出世作に、「Vicky Donor」(2012年)という映画があった。主人公の男性ヴィッキーがバイトのために精子ドナーになるコメディー映画である。ヒンディー語映画界では、スクリーンの内外で女性の力が増してきているが、それに伴って相対的にマルダーンギー(男性性)についてもスポットライトが当てられることが増えてきたように感じる。そして、2017年9月1日公開の「Shubh Mangal Saavdhan」で、遂に本丸に白羽の矢が立てられた。勃起障害、EDである。Eros Nowで鑑賞した。

続きを読む

Photograph

日本でも「めぐり逢わせのお弁当」の邦題と共に公開され話題となったインド映画「The Lunchbox」(2013年)。そのリテーシュ・バトラー監督の最新作「Photograph」がAmazon Prime Videoで配信されている。邦題は「フォトグラフ~あなたが私を見つけた日」となっている。2019年のサンダンス映画祭やベルリン国際映画祭でプレミア上映され、インド本国では2019年3月15日に公開された。

続きを読む

AK vs AK

新型コロナウイルス感染拡大により、世の中は劇的に変化をしているが、インド映画界も例外ではない。映画はコロナ禍で打撃を受けた業界のひとつだが、その代わりにNetflixなどの配信サービスが急成長をした。インドでは映画は娯楽の王様であり、しかも、映画は映画館で観るもの、という観念が強い。だが、もしかしたらコロナ禍明けにはインド人のそのような習慣も変わっているかもしれない。そんなことを感じさせる映画が2020年12月24日からNetflixで全世界同時配信された。「AK vs AK」である。

続きを読む

Torbaaz

クリケットはインドで一番人気のスポーツであり、スポーツ映画の題材としてもNo.1だ。「Lagaan」(2001年)をはじめとして、「Iqbal」(2005年)、「Dil Bole Hadippa!」(2009年)、「Ferrari Ki Sawaari」(2012年)、「M.S. Dhoni The Untold Story」(2016年)など、多数の、しかも多様なクリケット映画が作られて来た。

 2020年12月11日からNetflixで配信されたヒンディー語映画「Torbaaz」も、クリケット映画のひとつである。そのアプローチの仕方はユニークで、アフガニスタンの難民クリケットチームをインド人医師が育て上げるという物語だ。インドとアフガニスタンは友好国であり、インドはアフガニスタンの発展に多大な寄与をしている。

続きを読む