Chhalaang

日本でも「きっと、うまくいく」の邦題と共に一般公開され大ヒットとなったヒンディー語映画「3 Idiots」(2009年)の成功以来、学校や教育を主題とした映画がこぞって作られるようになり、インドの教育現場を垣間見る機会が増えた。初等中等教育なら「Paathshaala」(2010年)や「Stanley Ka Dabba」(2011年)、高等教育なら「Chhichhore」(2019年)などを観ると様子が分かるが、他にもお受験や教授言語の問題を取り上げた「Hindi Medium」(2017年)、失読症の子どもの問題を取り上げた「Taare Zameen Par」(2007年)、留保制度の問題を取り上げた「Aarakshan」(2011年)、貧困層のための無料の進学塾スーパー30を題材にした「Super 30」(2019年)など、教育分野に関連する多くの映画が作られている。2020年11月13日にAmazon Primeで配信された「Chhalaang(ジャンプ)」も、その最新の例である。

続きを読む