Why Cheat India

人口13億人、25歳以下が人口の半分を占めるインドにおいて、受験戦争は熾烈を極めている。どの大学のどの学部に入学するかがその後の人生を決定するため、受験生は死に物狂いで勉強をする。また、親たちの教育熱を受けて塾産業も大いに発達している。特にラージャスターン州のコーターは多数の進学塾が集まる街として知られ、多くの受験生が寄宿しながら勉強に励んでいる。このような状態であるため、受験における不正も横行している。2019年1月18日公開のヒンディー語映画「Why Cheat India」は、受験不正ビジネスを題材にしている。興行的には大失敗に終わったが、インドの教育をテーマにした映画としては外せない作品である。

続きを読む