Uri: The Surgical Strike

2016年は印パ関係にとって重要な年であった。1月に4名のテロリストがパンジャーブ州のパターンコート空軍基地に侵入し、7名の兵士が殺された。9月にはさらに4名のテロリストがジャンムー&カシュミール州(当時)のウリー陸軍駐屯地に侵入し、19名の兵士と4名の市民が殺された。どちらのテロリストもパーキスターン領から越境してきたことは明らかだった。これを受けてインドは9月29日にパーキスターン領に位置するテロリストの拠点を「サージカル・ストライク(ピンポイント攻撃)」したと発表した。この攻撃について、印パで主張が食い違っており、実際に何が起こったのかははっきりしない。だが、インドが何らかの軍事行動を起こし、パーキスターン側に何らかの被害があったことだけは確かである。2016年のウリー襲撃事件とサージカル・ストライクを題材にしたヒンディー語映画が「Uri: The Surgical Strke」である。インドでは2019年1月11日に公開された。

続きを読む