Shubh Mangal Zyada Saavdhan

インドでは英領時代から同性愛は刑法377条で禁止とされており、違反者に対する最高刑は無期懲役となっていた。実際に377条違反で刑罰を受けた者はいないとされているが、インドの同性愛者は潜在的な犯罪者として肩身の狭い思いをしていた。ところが2018年9月6日に最高裁判所が377条を違憲とし、以後、インドでは同性愛は合法化された。

 インドにおいて同性愛を扱った映画はいくつかある。ディーパー・メヘター監督の「Fire」(1996年)はもっとも早い例で、レズを主題にしたが、インドとカナダの合作であり、純粋なインド映画ではない。「Girlfriend」(2004年)もレズを主題にした映画であった。他に、「Mango Souffle」(2002年)、「My Brother Nikhil」(2005年)、「Dunno Y Na Jaane Kyon…」(2010年)、「I Am」(2010年)、「Aligarh」(2015年)など、意外に多くの同性愛映画が作られている。だが、その中でもっとも影響力の強かった映画が「Dostana」(2008年)である。ジョン・アブラハム、アビシェーク・バッチャン、プリヤンカー・チョープラーが主演のこのコメディー映画では、主人公の2人は実際にはゲイではないが、とある事情からゲイのふりをすることになり、同性愛者の哀楽を経験することになる。そして何より、同性愛者にとってもっとも重要な、家族へのカミングアウトと、それの受容のシーンが感動的に描写されており、同性愛者からも非常に評価の高い映画となっている。この映画をきっかけに、インドでは家族にカミングアウトする同性愛者が増えたと言われている。

 2020年2月21日公開のヒンディー語映画「Shubh Mangal Zyada Saavdhan」は、最新の同性愛映画である。勃起不全を主題にした「Shubh Mangal Saavdhan」(2017年)の続編扱いだが、ストーリー上のつながりは全くない。インド刑法377条の撤廃前夜の物語であり、ゲイのカップルが家族から認めてもらうまでの顛末を描いたコメディー映画である。

続きを読む