Hichki

学校は誰もが通る道であり、特に若者が主人公のインド映画では、学校が舞台となることは多い。主題が別にあって、学校は単なるロケーションということも少なくないのだが、ヒンディー語映画は教育をテーマにすることも増えて来て、「Taare Zameen Par」(2007年)、「3 Idiots」(2009年)、「Paathshaala」(2010年)、「Stanley Ka Dabba」(2011年)などの映画が作られて来た。2018年3月23日に公開された「Hichki(しゃっくり)」も、学校が舞台の映画であるが、少し変わっている。トゥレット症候群の新人女性教師が主人公なのである。米国の教育者ブラッド・コーヘンの自伝「Front of the Class」(2005年)の映画化権を取得して作られた映画とのことである。

続きを読む