The Accidental Prime Minister

現在、インドの連邦政府はインド人民党(BJP)とその連立グループである国民民主同盟(NDA)によって運営されており、カリスマ政治家ナレーンドラ・モーディーが首相を務めている。モーディー首相は就任以降、数々の大胆な政策を打ち出しており、彼の強力なリーダーシップと決断力は国民の圧倒的な支持を集めている。国民の熱狂的なモーディー熱の裏には、彼の前に首相を務めた国民会議派のマンモーハン・スィンの影響もあるかもしれない。スィン前政権が、国民会議派のソニア・ガーンディー党首の傀儡であったことは誰もが知るところであった。

 2019年1月11日に公開されたヒンディー語映画「The Accidental Prime Minister」は、マンモーハン・スィンが首相を務めた2004年から2014年までの10年間の中央政治とその間のスィン首相の動向を追った伝記映画である。スィン首相のメディア顧問を務めたサンジャヤ・バールー著の同名の伝記を元に映画化された。この映画は、2019年4月~5月に下院総選挙を控えている微妙な時期に公開されており、政治的な動機に基づいて作られたプロパガンダ映画との批判も強い。

続きを読む