Street Dancer 3D

インド映画というと「歌って踊って」というイメージが強いが、本当に歌って踊ってばかりの映画というのは実は珍しい。必ずストーリーがあって、そこに歌と踊りが混ぜ込まれる。だが、振付師出身レモ・デスーザ監督の「ABCD」シリーズは、本当にダンスが中心の映画だ。1作目の「ABCD: Any Body Can Dance」(2013年)は、プラブデーヴァ以外ほとんどスターが出演していなかったにもかかわらずヒットし、2作目の「ABCD 2」(2015年)ではプラブデーヴァに加えてヴァルン・ダワンとシュラッダー・カプールが出演して大ヒット。そして2020年1月24日に、前作と同じヴァルン・ダワンとシュラッダー・カプール主演で「Street Dancer 3D」が公開された。題名が変わったのは、プロダクションの変更に伴うタイトル使用権問題のためである。

続きを読む