Pari: Not A Fairy Tale

元々、インド映画は「マサーラー映画」の愛称通り、様々な娯楽要素を1本の映画に盛り込むのが特徴だった。だが、21世紀に入り、ヒンディー語映画をはじめとした各地のインド映画は、ハリウッド映画を模したジャンル立ての映画作りを行うようになった。スポーツ映画、スーパーヒーロー映画、SF映画、アドベンチャー映画などが模索される中で、インド映画において確実にジャンルとして確立したのがホラー映画であった。ただ、インドのホラー映画はホラーに徹し切れていない点や、ビジュアルや音声で強引に観客を怖がらせる点で、立ち後れている。多くのホラー映画が公開されているが、国際的な土俵で戦えるようなホラー映画は数少ない。

 2018年3月2日公開のヒンディー語映画「Pari: Not A Fairy Tale」もホラー映画に分類されるが、アヌシュカー・シャルマーが主演でなかったら観ようとは思わなかったかもしれない。だが、結論から先に言えば、インドらしいエモーショナルなホラー映画で、インド製ホラー映画のひとつの完成形を見た気持ちになった。

続きを読む

Mardaani 2

21世紀のヒンディー語映画の大きな変化は、スクリーンの内外で女性のプレゼンスが急速に上がって行ったことである。女性が主人公および女優が中心の映画が作られ始め、興行的にも成功する作品が出始めた。女性監督の数が増えただけでなく、娯楽映画を撮れる女性監督も多数登場した。女性のプロデューサーや音楽監督ももはや珍しくない。むしろ、そういう映画が増えすぎてしまったくらいである。ラーニー・ムカルジー主演、女性警官が主人公のクライム映画「Mardaani」(2014年)も、そんな時代の潮流に乗って登場した映画で、高い評価を受けた。その続編として作られたのが、2019年12月13日公開の「Mardaani 2」である。

続きを読む

Raabta

インド映画に特徴的なストーリー・パターンに輪廻転生モノがある。インド人の8割が信仰するヒンドゥー教は基本的に輪廻転生を信じている。前世からあって現世があり、そして現世の後には来世がある。映画に生まれ変わりを盛り込むことで、同じ俳優による2つのストーリーを1本の作品で観客に楽しませることができる効果もある。インターミッションを挟んで前半と後半を前の生と後の生で分けることもできる。とにかく輪廻転生モノはインド映画と相性が良い。「Karz」(1980年)から「Om Shanti Om」(2007年)まで、多くの輪廻転生モノ映画が作られ、多くは傑作としてインド映画史に名を残している。

続きを読む

Pati Patni Aur Woh

ヒンディー語映画界では、過去にリリースされた映画と同じ名前の映画を作ることにあまり抵抗がないようである。「Hera Pheri」(1976年/2000年)、「Golmaal」(1979年/2006年)、「Dilwale」(1994年/2015年)など、いくつかそのような例がある。「Pati Patni Aur Woh(夫と妻、そしてあの人)」も、1978年に既に公開されているが、2019年12月6日に新しく公開された。リメイクと言っていい内容となっている。その他に、「Main, Meri Patni Aur Woh(僕、僕の妻、そしてあの人)」(2005年)という似たタイトルの映画も過去にあった。

続きを読む

Gulabo Sitabo

近年のヒンディー語映画は、人生の様々なポイントで起こる問題を取り上げるようになって来ており、インド人の人生の一端を垣間見ることが出来て面白い。不動産の売買はほとんどの中産階級にとって人生の一大イベントであり、動く金額も大きいことから、落とし穴も多い。よって、不動産を巡るドタバタ劇は映画になりやすい。ディバーカル・バナルジー監督のデビュー作「Khosla Ka Ghosla」(2006年)は傑作であった。2020年6月12日にAmazon Primeで配信開始された「Gulabo Sitabo」も、不動産を巡るブラックコメディー映画である。

続きを読む

Raman Raghav 2.0

21世紀、ヒンディー語映画界には数々の有能な監督が登場したが、その中でももっとも影響力を持っているのがアヌラーグ・カシヤプ監督である。「Dev. D」(2009年)や「Gangs of Wasseypur」(2012年)など、メインストリームの娯楽映画とは一線を画した前衛的な作品の数々を送り出した他、後進の育成にも尽力し、ヒンディー語映画界に一大勢力を築き上げた。2016年6月24日に一般公開された「Raman Raghav 2.0」は、カシヤプ監督らしさがよく出た犯罪映画である。同年のカンヌ映画祭の監督週間でプレミア上映され、インドでも高い評価を得た。

続きを読む

Pataakha

インドにおいて不仲な二国の代表とされるのは、イスラエルとパレスチナ、北朝鮮と韓国、そしてパーキスターンとインド自身である。印パ両国は元々ひとつの国であり、同じ文化を共有しているが、近親憎悪なのか、1947年の分離独立以来、少なくとも3回にわたって戦争をしている。ただ、妙な連帯感があるのも確かである。近年、印パ関係は冷え込んでおり、ヒンディー語映画界にもその影響が見受けられる。パーキスターンやイスラーム教徒侵略者を敵として描くことで国威発揚を図った愛国主義映画が目立つようになった。一方で、平和的な二国間関係の改善を願う声を根強い。そんな情勢の中、2018年9月28日に公開されたヴィシャール・バールドワージ監督の「Pataakha」は、印パ関係についてユニークなメッセージを発信する映画であった。

続きを読む

Mard Ko Dard Nahi Hota

最近は日本で劇場一般公開されるインド映画も増えて来たが、通常そのような映画は、ある程度名の通った監督や俳優の出演作である。その点、「燃えよスーリヤ!!」の邦題と共に日本でも公開されたヒンディー語映画「Mard Ko Dard Nahi Hota」(2019年)は、ほぼ無名の監督と俳優による映画であり、異例であった。トロント国際映画祭で観客賞を受賞しており、それが日本での公開につながったのだと思うが、このようなルートからもインド映画が一般に公開されるようになるのは嬉しいことである。

続きを読む

Kabir Singh

一口にインド映画と言っても、インドは広く、そして多様で、各地で特色のある映画作りが行われている。それでも、「北」と「南」という大別は可能であり、近年はヒンディー語映画がだいぶマイルドになったことから、荒々しい南インドの作品群との違いが際立っている。南インド映画のヒンディー語リメイクは明らかに作りが違うため、すぐにそれと分かる。2019年6月21日公開のヒンディー語映画「Kabir Singh」は、テルグ語の大ヒット映画「Arjun Reddy」(2017年)のリメイクである。

続きを読む

Manto

サアーダト・ハサン・マントー(1912-55年)はウルドゥー語小説作家の巨匠である。英領インドに生まれ、ボンベイで作家として名声を獲得し、1947年の印パ分離独立後にパーキスターンに渡った。社会の闇や人間の暗黒面を赤裸々に描写する作風であり、存命中は猥褻の容疑で何度も裁判沙汰となった。一般にはパーキスターン人作家として知られるが、元々インドで執筆活動を行っていたこともあり、印パ両国に今でも根強いファンがいる。2018年9月21日に一般公開されたインド映画「Manto」は、マントーの生涯に迫った伝記映画である。

続きを読む