Parmanu: The Story of Pokhran

インドは、第二次世界大戦中に原子爆弾を落とされた日本に対し非常に同情的な国である。毎年8月になると、国会では広島と長崎の犠牲者のために黙祷が捧げられる。その一方で、インドは核保有国である。中国やパーキスターンと対峙するため、核開発を国策として進めて来ており、世界からの非難を覚悟で核実験を成功させ、強引に核保有国の仲間入りを果たした。被爆国としての日本には深い同情を示してくれるが、核兵器に反対の国ではない。むしろ、核兵器でもって国防を達成する立場の国である。

続きを読む