インド映画の楽しみ方

在、第37回ぎふアジア映画祭が現在開催中である。アジア映画に特化した映画祭で、10月31日から1ヶ月以上に渡って、いくつものアジア映画を上映している。今年はヒンディー語映画「女神は二度微笑む」(2012、原題「Kahaani」)も上映される。日にちは11月23日(月・祝)のみ。そこで、インド文化講座と銘打って、僕が話をすることになった。お題は「インド映画の楽しみ方」というものを与えられている。

Kahaani

 

 実は「女神は二度微笑む」は典型的なインド娯楽映画ではない。さて、どんなことを話そうか、と考え始めたとき、ふと、一般的なインド映画の楽しみ方に「女神は二度微笑む」を関連付けて話をするのは非常に難しいことに気付いた。しかしながら、過去に東京で「インド映画を10倍楽しむ方法」と題して行なった講演が割と好評だったし、自分でもうまくまとまったと思っていたので、これをベースに、「女神は二度微笑む」の解説を交えながら、パワーポイントを仕上げてみた。

 11月23日(月・祝)の映画上映は2回、10:00と14:00。その合間の12:15から、講座をする。場所は岐阜市民会館。インド映画に興味のある方は是非。

Print Friendly, PDF & Email

インド映画の楽しみ方」への2件のフィードバック

  1. 初めてお邪魔しました。
    先日は私たちの映画祭にお越しくださって、本当に有り難うございました。
    お話興味深く、またインドの方々と高倉さんのインド映画に対する愛が!よくわかりなんとも感動しました。
    東京でも講演をされているのですね。
    映画まだまだ初心者の口なのでAmazonでインド映画完全ガイドを注文してみました。本日届くはずです。
    またいつか講座などお願いできる機会があるといいと思います。
    この場をお借りして、感謝m(_ _)m

    …マルガリータで乾杯を!の原題、ストローの解釈、そういうことなのかあと納得しました。こういうのを聴くともう一度観たくなりますね。
    ではでは!

    ぎふアジア映画祭ボランティアスタッフ 大江美穂

    • 今回はお呼びいただきありがとうございました。
      インド映画のことが少しでも分かっていただければ幸いです。
      今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です