「ブパシ」など

「デリーに行こう!」美貌の女社長と無責任中年男、インド発の人情ロードムービー(MSN)

 2月15日(土)からヒンディー語映画「デリーに行こう!」(原題「Chalo Dilli」)が劇場一般公開される。それに関連した記事であるが、やはりカタカナ表記に突っ込み所が目立つ。それらの多くは、字幕や配給元に起因するものが多いのだが、この記事の中で一番気になったのは、主演女優の夫の名前である。マヘーシュ・ブーパティが正しいのだが、「マヘシュ・ブパシ」となっている。これは、以前取り上げた「セス」(参照)と全く同じミスで、「th」をサ行で翻字してしまう習慣が抜けていない。マヘーシュ・ブーパティはインドを代表するテニス選手でもあり、間違えてもらいたいくないので、ここで改めて強調させてもらった。

 主演男優の名前も正確ではない。「ビナイ・パタック」となっているが、本ブログが推奨しているのは「ヴィナイ・パータク」である。

 他に気になったのは、「ムンバイ」→ムンバイー、「ミヒカ」→ミヒカー、「ラーラ・ダッタ」→ラーラー・ダッター、「ジャイプール」→ジャイプル、「マヌ」→マンヌーなどである。

Print Friendly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です