カタカナ辞書が復旧

 CM Tooltip Glossaryプラグインを使用したカタカナ辞書がしばらく正常に動作しなかったが、この度バージョンを2.8.1にアップデートをしたら動作するようになった。

2014年8月28日

テランガーナ州独立に伴う地名変更

 2014年6月2日にテランガーナ州がアーンドラ・プラデーシュ州から独立したことを受け、カタカナ辞書にも修正を加えた。具体的には、分割前にアーンドラ・プラデーシュ州に属していたが、分割後にテランガーナ州に属することになった地名を、テランガーナ州とした。他に同州に関連する地方政党の説明にも若干の修正を加えている。

2014年8月14日

カタカナ辞書が動作停止

 プラグイン「CM Tooltip Glossary」を使った辞書のインデックス・ページが表示されない不具合が起きている。現在のバージョンは2.8.0。過去にも同様の不具合があった。基本的にはバグを修正したバージョン・アップを待つしか対策がない。かなり時間と労力を掛けて語彙を登録して来たのだが、度々こういう不具合があると、特定のプラグインに頼ったグロッサリーの構築には二の足を踏まざるを得ない。Wordpressの弱点とも言える。更新が止まったプラグインというのも困るのだが、頻繁に更新されて仕様が変わって行き不具合を起こすプラグインというのも困り物だ。

2014年8月14日

カタカナ辞書が復旧

 数日前から動作を停止していたカタカナ辞書が復旧した。やはりプラグインの不具合で、同様の問題がユーザーから報告されていたため、対応してくれたようだ。ヴァージョン2.6.8へのアップデートにより正常化した。

2014年4月1日

カタカナ辞書が動作停止

 カタカナ辞書はCM  Tooltip Glossaryというプラグインを使っているのだが、ヴァージョンを2.6.7にアップデートしたら動作しなくなってしまった。今後のアップデートで回復する可能性はあるが、現在は使えなくなっているので、ここで報告しておく。

2014年3月28日

グランドオープン

 2013年のダシャハラー祭の折に試験公開し、ディーワーリー祭を機にソフトオープンとした本ブログだが、2014年のホーリー祭を機にグランドオープンと言うことにしたい。この日を目標に記事を充実させ、デザインにちょくちょく手を入れて来たが、その甲斐あって、最近になってようやくブログとしての体裁が保たれる程度にはなって来たと自負している。ただ、グランドオープンしたからと言って、何かが変わる訳ではない。

インド旅行

 3月1日(土)~3月9日(日)まで家族でインドを旅行して来た。インドの土を踏んだのは1年振り。この間、デリーでは政権交代があったが、街の雰囲気はそれほど変わっておらず、1年のブランクを感じずに溶け込むことができた。ヒンディー語も全く退化していなかった。

2014年3月9日

講演資料の一般公開ならびにSlideShareの活用

 1月26日(日)に渋谷アップリンクで行った講演で使用したパワーポイント・ファイルを一般公開した(参照)。それに当たってWordPressブログ上でパワーポイントを公開する方法を勉強しなければならなかったのだが、その中でSlideShareを使う方法を知り、早速活用している。

 このSlideShareはなかなかよくできていて、今までも何度か閲覧だけはしたことがあったが、自分でファイルをアップロードするのは初の試みであった。SlideShareはネット上での表現方法がさらに広がる便利なツールだが、同時に著作権の問題などをよく考えなければならない。

 とりあえず実験的に、「カタカナ表記の鬼」で槍玉に挙げているサイトの中で、会員限定などではなく一般に公開されているものをPDF化しSlideShareを使ってこのブログ上に掲載して行くことにした。今までリンクを貼って対応していたが、そのようなサイトは頻繁に更新されるニュースサイトが多く、すぐにリンク切れになってしまったりする可能性が高いので、取り上げた語句の前後の文脈が後で第三者にとって検証不能にならないように、リンクと同時に元の記事をそのままの姿でどこかに保管しておく必要がある。こういう場合の「引用」が著作権法の中でどのくらいの範囲まで許容されるか不明ではあるが、少なくとも目的においては、法律で認められた「報道、批評、研究」(著作権法第32条)に十分該当すると考えていいだろう。

2014年1月28日

インド進出日系企業リストの地名を追加

 在インド日本大使館と日本貿易振興機構(JETRO)が2014年1月に公表したインド進出日系企業リストに掲載されていた地名の全てを、本ブログのカタカナ表記辞書に追加した。とりあえず現時点で日系企業に関係が出やすい地名を網羅したことになるだろう。現在、辞書の見出し語数は1,300余りとなっている。

 現在、インドに拠点を持つ日系企業の数は1,072社、拠点数は2,542拠点。中にはネット上で現地語表記情報が得られないようなマイナーな地域に拠点を置いている企業もあり、驚いた。リストを細かく見ていくと、通信会社や保険会社が拠点数の増加に寄与していることが分かる。今後も、日系企業のインド進出が進むにつれて、カタカナ表記の問題は増えて来るであろう。

続きを読む

2014年1月27日